浪花酒造は伝統を守る

浪花酒造は大阪阪南市で事業展開しております。
山と緑に囲まれ豊かな自然が生きている所でよい水を原料に清酒を製造しています。
水はお酒にとって最適な中硬水を使用しています。
創業は江戸寛政年間でつまり江戸時代から営業を続けています。
製造する代表的なお酒は大吟醸の浪花正宗です。
浪花正宗は全国新酒鑑評会金賞受賞を受賞し、モンドセレクション、ワインアンドスピリッツコンペティションなど国際的な賞も受けています。
また特徴的な商品として樽酒の販売を行っています。
樽酒は鏡開きや鏡割りなどお祝い事や祭事、その他催事の時に必要となるものです。
これを販売するのですが、樽酒単体ではなく木槌、竹勺、枡そして立て看板も添えて販売しています。
また鏡割りの手順書も添付して届けています。
浪花酒造社屋工場は旧来の趣をできるだけ残したものとなっています。
建物は国の登録文化財に登録されています。
母屋、土蔵、離れ座敷は大正時代そのままの様子です。
伝統と技術を守り清酒を造り続けています。