会社での存在感を増していくデキる男

前の会社に入社したての頃、串山孝一という先輩の下で暫く働いていたことがあります。
この先輩、実に仕事が出来る人で、頭も切れるし、竹を割ったような性格から、会社の皆にも慕われる、そんな人物でした。
当時の私は右も左も分からず、仕事という仕事は何も出来ないヒヨッコでしたが、そんな自分にも、優しく、時に厳しく指導してくれたので、今でも彼に対する感謝の気持ちは変わりません。
実は、彼の仕事を手伝っていた時に、私の不注意から大きな失敗をしてしまったことがあったのですけれども、その時も、彼が機転を利かせてくれたおかげで、目立った被害を出さずに切り抜けられた、ということもありました。
その後私が転職したこともあり、直接関わるようなことはなくなりましたが、彼の活躍ぶりは相変わらずのようです。
たまに前の会社の同僚と電話で話すのですが、そこで、また彼が大口の顧客を取ってきた、といった類の話を耳にします。
色々とお世話になった彼には、今後もますますの躍進を是非続けて欲しいものです。