歴史ある浪花酒造

浪花酒造といえば、「浪花正宗」で有名ですね。
兵庫県産の特等山田錦を磨き上げ、 丹念に作り上げた大吟醸で、酒好きの人にはたまらないと思います。
わたしの亡くなった祖父も、このお酒が大好きで、正月や盆などの集まりのときにはいつも酒ビンを囲み、嬉しそうに笑っていたのを思い出します。
わたしは大阪に住んでおり、こちらの酒蔵も、大阪府阪南市、大阪の南のほうにあり、余計に親近感が生まれます。
海に近い場所で、こちらの井戸に湧き出る水は、ミネラルをたくさん含む中硬水で、酒造りに最適の清水だそう。
また、江戸期末から代々の歴史のある醸造、土蔵、本宅。
これらは造り酒屋の趣を残した古い素晴らしい建物で、登録文化財建造物にも指定されています。
観光地としてもお酒好きな方や他府県の方が、見に来られます。
そんな歴史ある酒蔵から生まれてくるお酒もこれまた歴史があり、代々の努力の蓄積によりこのような美味しい味が生まれたのだと思います。