時代とともに躍進するセントレード証券

金融のメッカである東京都中央区茅場町に本社を置くセントレード証券は2005年にDTはやぶさ証券株式会社として設立されました。
その後にG-ストック証券株式会社と社名変更をして2010年に現在のセントレード証券株式会社へと社名変更して現在に至ります。
現在では東京本社の他に名古屋支店、福岡支店を擁するまでになり、株式先物取引や信用取引、株価指数オプションやFX取引を活発に行っています。
常に顧客と共に共存共栄していく事を目指して、経営方針としてお客様といつでも共に入るという意味をもつ、Alwayswithyouをモットーにしています。
シビアさが要求される金融マーケットにありながら、常にお客様の立場に立ち、お客様としっかりとしたコミュニケーションをとりながらお客様の大切なお金を運用させて頂いています。
高い品質の金融サービスのご提供はいうまでもなく、安心と信頼をご提供する事を企業理念としています。
顧客の皆様から常に高い評価を得られるようたゆまぬ努力を続けて変化しいくのがセントレード証券です。