まずは相談から始めましょう

周りの夫婦には子供が出来ていてとても充実していてうらやましく感じながらも、自分達夫婦にはなかなか子供ができないという場合もあるでしょう。
どうしても赤ちゃんがほしいと思っていて、今不妊治療に一生懸命通っている方もいるかもしれません。
そのような方は、卵子提供という選択肢がある事がご存知でしょうか?
この卵子提供は海外で行う事になりますが、子供を持つ事のできる可能性は広がります。
まずは24時間365日相談ができる電話受け付けやお問い合わせフォームがありますので、そこで相談を行ってみましょう。
その時に一緒に個別の無料相談の日を予約する事になります。
そしてその行く日まで夫婦の婚姻関係を証明できる書類を持っていく準備をし、実際に相談を行います。
健康状態や治療の履歴なども確認し、ドナーのプロフィールを見せてもらう事も可能です。
提携クリニックの判断で大丈夫であれば、申し込み用紙を記入して初回の支払いを行います。
その後は渡航をして初診をし、2回目の振込みを行ってドナーを決定して移植という流れになっていきます。
分からない部分はしっかりと相談を行う事ができますし、渡航をした時にもサポートがある為日本語しか分からなくても安心です。