市販のものからAGA治療薬に切り替えました

50代になって薄毛が気になるようになったので、ドラッグストアで買った育毛剤などを色々試したり、髪を優しく洗うように心掛けたりしていました。
1年ほど続けて多少は抜け毛が減ってきたものの、育毛剤に使った金額を考えると全く満足できる結果ではありません。
そこで、どうせお金をかけるならきちんと結果が出るものにしようとAGA治療を行うことにしたんです。
職場の傍にあるAGA専門のクリニックがずっと気になっており、そこに行きました。
最初はヘアケアの仕方や頭皮の状態などのチェックや、AGAかどうかの検査を行ったところ、やはりAGAが原因だとわかりました。
処方してもらったのは進行を止める飲み薬と、育毛剤のような塗り薬です。
市販のものとの違いを確かめてやろうと、医者に言われた通り毎日薬を飲んで、頭皮に塗るようにしました。
AGA治療を始めて3か月ほどで、少し変化が現れたのを実感しました。
薄毛が進行していた頭頂部がほんの濃くなってきたんです。
抜け毛の量が減ってきましたし、髪の状態も以前より太くなってきたのがわかります。
妻も髪にボリュームがでてきたみたいと言ってくれて、嬉しくなりました。
まさか市販の薬とここまで違うとは思いもよりませんでした。
これからは薄毛に効果があるものにお金を使いたいと思います。