これからのがガス自由化についての料金とは

ガスの自由化というのは、耳にしたことがあるでしょうか。
電気自由化というのは2016年からだと、多くの人は知っていますが、実はガス小売り自由化というのも、2017年の4月から始まります。
こうなると、どうして良いのかわからない物でしょう。
また、自由化になるにつれて料金はどうなっていくのかが、消費者としての心配どころです。
自由化となれば、販売する新しい企業の参入が予想されていき、自宅で使える管も会社に関係なく使えるという事になって行きます。
また、料金は国が認可する形になり、事業者はそれを公表することになって行きます。
では、万が一トラブルが起きたとしたらどうするかですが、それは、管の点検や緊急対応は、今まで通りの都市ガス会社が保安管理をするので、トラブルがあっても安心です。
そして、全国に200社を超える配給会社があり、その3社だけが改正の事業法の対象となります。
大手三社である東京、大阪、東邦といった企業は多くの地域に供給をしています。
今回の改正で競争する企業のラインに立ちましたので、今後のサービス展開も期待できることが予想されます。
価格料金体勢とサービスをどう打ち出してくるかで、私たちの生活にも大きく関わってきます。