デジタルサイネージを使って集客しよう

最近では飲食店やアパレルショップ、美容室などが、デジタルサイネージを積極的に使って集客しようとする動きが増えてきました。
デジタルサイネージとは、これまで主流だった看板やポスターではなく、ディスプレイを設置し様々な情報を提供するテクニックになります。
以前は液晶ディスプレイが主流だったのですが、近年ではLEDディスプレイやLEDディスプレイよりも大きなLEDビジョンなどが主流となってきております。

看板やポスターからデジタルサイネージにすることによって、より鮮明で明るい映像を提供することができるようになるのに加え、動画も表示することができますので、表現の幅が大きく広がるようになりました。
また、コンピューターで表示する映像を制御することができますので、昼と夜とで表示させる内容を変更させることも容易です。
もちろん手元のコンピューターで制御することができますので、人手をかけずに変更することが可能です。

また、株式会社クラウドポイントから発売されているLEDビジョンのように、様々な大きさのLEDビジョンを選ぶ事ができますので、設置場所に合わせて適切な大きさのものを利用することができます。
店頭以外にも会議室や駅や空港などの交通機関などでも活用が進んでおり、徐々に日常に溶け込んできております。
LEDビジョン|クラウドポイント 全国640面以上の実績 LEDビジョンの導入