水素水の概要や効果など

水素水は、医学的には水素豊富水といい、水の中に水素分子が高濃度で溶け込んでいる状態の事です。
水素の濃度は、圧力を加える事で、ある程度は水中に溶存する事ができますが、溶存水素濃度の限界値は1.57ppmと科学的に証明されていますので、これ以上の値の物は、開封と同時に1.57ppm以上の水素は一瞬で抜けてしまい、時間の経過と共に水素濃度は減少し、約2時間で半分程度となってしまいます。
市販されている水素水の種類は、専用ボトルやアルミパウチに入っている物、ウォーターサーバー型、スティックタイプで作る物、水道直結式、生成器などがあり、それぞれメリットとデメリットがあるので、基本的には水素濃度が常に1.0ppm以上確保されていて、安全な生成方法で作られているかで判断します。
水素水で得られる効果は、水素が持つ抗酸化力や還元力によって、疲労回復や美容効果、動脈硬化、心筋梗塞、アトピー性皮膚炎など20種類以上の疾患や症状に医学的な臨床試験によって証明されています。
飲み方ですが、1日0.5リットルから1.5リットル程度を飲むように心掛け、冷やして飲むと内蔵が冷えてしまいますので、できるだけ常温で飲み、開封したら、水素濃度が薄くなってしまいますので、できるだけ早く飲むようにします。